みんなで楽しんだ運動遊び 3月号

2019-04-08

暖かく気持ちよいぽかぽあ陽気と共に新年度がスタートしました。

東浜教室のお友達も元気いっぱい体を動かしています。

今回は、3月の運動遊びの様子を紹介したいと思います。

①障害物ウシガエル

障害物を使うことで自然と足を前に出しやすくなります。また、体を長く支える支持力を養うことができます。

フープをしっかり見て、障害物との距離を測ります。その距離にあ合わせたジャンプができるように、身体をコントロールする力が付きます。

  

手もバラバラで背中も丸くなっていたお友達も

徐々に背中が伸びるようになり、手に体重を乗せることができるようになりました。

フープを距離を変えて、レベルアップに挑戦です。

②カンガルー跳び

肘を曲げて、両方の手首を胸の前で軽く曲げます。両脚の膝を閉じて前にジャンプします。

両脚でピッタと着地することで、跳躍力、脚力、瞬発力が鍛えられます。

  

両脚の膝を閉じることは意識しやすいですが、両方の手首を胸の前で軽く曲げることは難しく

お尻が高くつま先に力が入っていないことが、わかります。

両手も揃えると、もっともっと高く遠くジャンプができるようになります。

③跳び箱(開脚跳びの練習)

ウシガエル跳びの姿勢がキレイになったら、跳び箱で開脚跳びの練習をします。

開脚跳びは腕の支持力を使って、体を支えることが一番大切です。

また、ウシガエル跳びも速いスピードで出来ると、お尻を付いてしまうことが無くなります。

  

しっかり腕の支持力を使っても、ウシガエル跳びがゆっくりだと足が低くタイミングが遅いです。

これが、徐々にタイミングが合うようになり、4段の跳び箱が跳べるようになりました。

 

3月は、支持力と跳躍力を鍛え跳び箱に挑戦しました。

新年度に向けて、お友達が高い壁にもピョーンと跳べるように

東浜教室も一緒ケンメイ支えて行きたいと思います。

 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号098-944-0600 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • ▲page top